加齢による肌の変化とスキンケア

肌の表面の劣化が問題

30代や40代になってくると、もう20代の頃のように何にもしなくてもハリがあってみずみずしいお肌になるようなことは無くなってきますね。

 

毎日しっかりと保湿をしてもなぜか乾燥したり、ハリが無くなったりするものです。

 

これは加齢によって当たり前ですが、肌を生み出すための能力がどんどん低下しているのです。

 

当たり前ですが、赤ちゃんのようにみずみずしいプルンとしたお肌を生み出す能力は、これまでの30年以上のダメージの蓄積や細胞の衰えによってもとにはもどることはできません。

 

そのため、40代でも50代でもお肌は当然再生しますが、若い頃と同じような肌ではないのです。

 

例えば、肌の内側にある真皮と呼ばれる部分には、コラーゲンやヒアルロン酸などによって水分を豊富に含み、肌に弾力を持たせるための成分があるのですが、これは年齢を重ねるにしたがって少なくなっていきます。

 

そのため、ハリが無く、しおれたお肌が肌の内側から形成されてしまうのです。

 

そして、もっと問題なのが、肌の一番外側にある皮膚が加齢によって劣化してしまうことなんです。

スキンケアを変えていくことが大事

私たちのお肌が潤いを保持するためには、真皮にあるコラーゲンやヒアルロン酸の水分が蒸発しないようにしたり、または肌の内部に刺激やダメージが届かないようにすることが大切です。

 

実はそのためには、先ほど言った様に肌の表面のお肌の状態がとても大切なのです。

 

肌の表面は新しく作られてから数ヶ月経つと、赤となって剥がれていきます。このサイクルを繰り返すことによってどんどん表面には肌の内部を守る健康なバリアが作られるわけですが、年をとるにしたがって新しい肌をつくるスピードも質も落ちてゆくために、肌を守る力が衰えてゆくのです。

 

これは、皮膚の中にあるセラミドと言われる脂質が不足して乾燥してしまうことで、水分が逃げやすくなったり、外部からの刺激にも弱くなってしまうのです。

 

だから、ある程度の年齢になると乾燥肌や刺激に弱い敏感肌が増えるのです。

 

そして、若い頃にはあまり保湿をすることの重要性は分からないのですが、このように加齢によって敏感になったお肌には保湿がすごく重要なのです。

 

しかも、若い頃とは違って刺激に弱くなっているため、昔使っていたものを使い続けると、痛みを感じたり、肌荒れを起こしたりするようになるのです。

 

このような事態を避けるために、今の自分の肌の状態を把握して、昔とは異なるスキンケアが必要になってくるのです。

 

そこで、40代〜50代になってどうも以前と比べて肌の調子が悪い、特に乾燥しやすくて今までのスキンケアだとヒリヒリしたり、全然肌に染み込んでいかないというように感じ始めた場合は、肌のバリア機能が落ちている証拠です。

 

できるだけ早く角質層のバリア機能を修復するセラミドなどの脂質の配合されている化粧水や美容液でケアすることをおすすめします。

 

⇒おすすめの美容液:http://ラメラエッセンス.jp/

40歳半ば頃からです。時間がたつとファンデーションを塗っていてもキメが粗くなり、もっと時間がたつと小じわが増え、笑った時にはとてもしわが残ってしまうようになりました。仕事上、保育園で働いているので化粧直しが出来ず、今までは夕方までなんとかもってくれたのですが、昼過ぎぐらいからどんどん老け顔になる自分の顔がとても気になるようになりました。保護者には(朝と夕方の顔が違うと思われているのではないか?)(すごく疲れた顔になっているのではないか?)と憂鬱になることもあります。乾燥時期にはもっと短時間に変わっていってしまうのでいやになります。歳をとるということはこういうことなんだとこの頃から強く思うように...
2人の子供を産んでから、数年間立て続けに育児に追われる日々が続き、毎日授乳でおこされたり子どもの体調が悪くなったりして、睡眠不足の日が続きました。自分自身も加齢が進んだこともあって、20代の頃よりも明らかにお肌がボロボロになっているを感じていました。また、当時は育児ストレスもあってちょっとしたことでも主人と喧嘩することもあったり、子どもが言うことを聞かなかったり、親との意見の食い違いなどで暴飲暴食をしたり、肌に悪いことばかりが重なっていたと思います。さらに20代の頃には全くなかったのですが、日焼けしてしまうとシミにのように残り続けてしまうようになりました。完全にシミのようになってしまっていまだ...
年齢を重ねるごとにお肌の悩みは増えていくものですが、どうしても歳のせいにばかりしてしまって自分の生活習慣や食生活といった根本的なところには目がいかなくなるものです。私も実際にそうなのですが、40代になって肌が乾燥しやすくなったり敏感になったり、さらにくすみなどが増えてくると心のどこかで「年齢的にしょうがない」という風に思ってしまっています。実際に老化による影響は多いと思うのですが、それだけじゃなくて若い頃よりも肌に気を使わなくなって着ていたり、昔は美容のために健康にいいものを食べたり、運動をするように心がけていたのに、今ではすっかりやらなくなったりしているのも事実です。肌というのはコスメなどで...
紫外線対策と言うと、まだシミなどがそれほどできていない微妙な年齢の頃に、シミができないように気を付けてやるものだというようなイメージを持っているかもしれません。しかし、比較的シミやシワなどが気になる年齢である40代以降、それこそ60代であってもしっかりと実施するべきだと思います。おそらく、若い頃はお肌に自信があったのに40代に差し掛かったら、急にシミなどに悩まされるようになってきたという方がいると思うのですが、そんな方こそ今までしっかりと対策を行ってこなかったことを悔んでいると思います。つまり、今しっかりと対策をせずに過ごしていると、10年後の姿にはっきりと差が出てしまうのです。しかも、加齢と...
私は周りの知り合いなどに比べて、少し肌の年齢が気に出したのが早くて30歳ぐらいからシミが出来るようになっていました。おそらく中学・高校とも陸上部だったので、よく日に焼けてしまっていたことが原因じゃないかと思います。若いうちは周りもみんな日焼けしていることが当たり前だったし、シミなんか出来るとも思っていなかったので全く気にしてなかったのですが、30歳こえるとそばかすのよう細かいなしみが出来始めました。春から夏にかけて特に紫外線の多い季節にポツポツと出てきます。最初は顔によく出てたのですが、手の甲にまでうっすらとしみが出来るようになりました。紫外線によるダメージはある程度の年齢になってから、若い頃...
35歳を超えた辺りからお肌の曲がり角に差し掛かったのか、肌の乾燥が気になるようになってきました。元々脂性だったので、乾燥なんて無縁どころかうらやましいくらいに思っていたのですが、冬場に乾燥による肌のカサつきが結構ひどくなってきてしまい、酷いときは粉を吹いたようになったり、ひび割れたりしてお化粧のノリ自体も凄く悪くなってしまいました。32歳ごろまでは結構色々な方から白くて綺麗な肌だと褒めてもらったりして、自分でもそれが自慢だったのですが、友人や親から最近肌が汚くなったと言われるようになってしまってとてもショックでした。加齢による肌の衰えは仕方のないものなのかもしれませんが、どうにかして元の綺麗だ...
現在私は39歳なのですが、ちょうど1年くらい前の38歳の時に、ふと気が付いたら鼻と唇の間の所に黒い口ひげのような黒ずみが見えるようになってしまいました。症状やきっかけには全く心当たりにないものの、さすがに気になっていました。ただ、原因に思い当たるものがなかったので一時的なものだろうと思って、放っておいたら最近になってより一層黒みがかかってきたように感じるようになってしまいました。光の加減とかではかなり目立つようで、子どもに「なんか黒くない?ヒゲが生えてるみたい!」と言われた時は流石に、今までで一番ショックでした。それからは、精神的なものが原因なのか、鼻と口の間にあるシミだけでなくて、それ以外の...
40歳くらいから乾燥を感じ初めて、肌のハリが低下してきたように思っていましたが、一時的なものだろうとそれほど気にせずに生活していました。しかし、45歳になってみると、朝、化粧をする度に乾いてしまって突っ張るような感覚が抜けず、すごく気になるようになりました。それまでは、周りの友人の話を聞く限りできは、多分それほどケアをしなくても大丈夫な方だったようで、これといったトラブルもなくスキンケアにお金を掛ける必要もありませんでした。しわやたるみも同年齢に比べて少ないので肌が丈夫でよかったなんて思っていましたが、やっぱり年齢には勝てないものです。最近は、写真に写るのも抵抗がでてくるようになりました。ただ...